不安や悩みを解決するカウンセラーの仕事

カウンセリングとは

心理療法系

カウンセリングとは、ビジネスやプライベートなど、様々な場面で抱える悩みごとや問題の解決を行う為の相談援助の方法です。
専門的な知識が必要とされ、カウンセリングを行う人はカウンセラーと呼ばれています。
カウンセリングの効果は、カウンセラーの腕次第です。
信頼できるカウンセラーに出会う事で、自分の心と向き合い、問題を解決する事が可能となります。
カウンセリングには様々な種類があります。
自分にあったカウンセリング方法、信頼できるカウンセラーを見つける事が大切です。

心理テスト系

心理療法系のカウンセリングは王道のカウンセリング方法で、多くのマンタルクリニックや、カウンセラーが用いる方法です。
心療内科や精神科といった医療機関では、心理療法を行うカウンセラーとの治療と、症状に合わせた投薬治療を組み合わせて患者さんを診ている病院も多いです。
心理療法系のカウンセリングには、認知療法や行動療法、ゲシュタルト療法や自律訓練法などの種類があります。
心理療法系のカウンセリングを受ける人というのは、何も心の病気を抱えている人だけではありません。
日常の悩みや問題を抱えている人でも気軽に受けられ、また効果的だとして様々なメンタルクリニックやカウンセリング施設を利用する人がいます。

セラピー系

心理テスト系のカウンセリングもあります。
これらのカウンセリングは、どちらかと言うと、カウンセリング自体を行う前の診断という部分が大きいです。
心理テストを扱った本や、インターネットサイトで気軽に心理テストを行える所も多いです。
自分の性格や傾向を知り、客観的に自分と向き合う事で問題に向き合うきっかけになります。
心理テストにはエゴグラムやYG検査、バウムテストなどがあります。

セラピー系は治療的な意味合いが強いカウンセリング方法です。
厳密に言うと、カウンセリングとセラピーは異なるとする意見もあります。
カウンセリングは依頼者の話を聞き、特に治療の為に指示を行う事はありませんが、セラピーは音楽や絵画といったツールを用いて情緒面のサポートを行っていく積極的な治療という面があります。
セラピー系には音楽療法や絵画療法、オーラソーマなどのカラーセラピーや箱庭療法と呼ばれるものがあります。

カウンセラーの適性

良いカウンセラーやメンタルケア心理士といった人は、相手の立場に立って考える事が出来る人です。心の悩みやストレスを自分の事のように理解し、依頼者が自分自身と向き合う為の手助けが出来る事が大事です。

» 詳細を確認する

試験内容

メンタルケア心理士試験は精神解剖生理学、精神医科学、カウンセリング基本技法の中から出題されます。在宅試験が可能で、合格率は大体38%程度です。社会人や医療従事者が多く、働く人の為に役立てる資格です。

» 詳細を確認する

資格を取るには

メンタルケア心理士になる為には、まず受験資格を満たす事が必要です。指定された教育機関で必要とされる知識を学習した人だけが、受験資格を得る事になります。その後、資格試験を受け、合格した人のみが資格を手にします。

» 詳細を確認する

ページのトップへ戻る